SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

コグレブログ

小暮工業株式会社によるブログです。
<< 「朝鮮奥地紀行1」イザベラ・バード著 | main | 「一握の砂」石川啄木 >>
「家畜人ヤプー(上、ポーリンの巻)」沼正三
0
    「家畜人ヤプー(上、ポーリンの巻)」沼正三
    大田出版1992年発行
    著者の沼正三が誰なのか噂に上がる人物はあるものの、
    真実は不明の様である
    複数の作家が添削し合って仕上げたとも言われる、
    三島由紀夫の名も挙がっている
    三島由紀夫が晩年の小説評論で
    [「幼年期の終わり」著者、アーサー・C・クラーク]と共に絶賛していた

    時代は40世紀、時間と空間を自由に行き来出来る世の中になった
    宇宙世界は、女尊男卑のアングロサクソン人が支配する
    他に残る民族は、黒人と日本人の末裔である
    人間の能力は、IQ(知能指数)ではなくOQ(命令波指数)で測られる
    OQ(命令波指数)の高い女性のアングロサクソン人が最高地位を占める
    黒人の末裔は、奴隷である
    日本人の末裔は、人ではなく「ヤプー」という物になった
    人体を改造して椅子・便器・乗り物など、
    世の中で生活する上で、思いつくかぎりのどんな機能の物にでもなる
    ヤプーにとって、IQ(知能指数)は能力の一つである
    忠誠心は、ヤプーの特異能力であり必須能力である
    図書館・本屋で求めたり読んだりするときは、
    SM小説、マゾ小説、エロ小説とも思えるので配慮が必要である(男)
    | 三島由紀夫 | 16:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。