SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--

コグレブログ

小暮工業株式会社によるブログです。
<< 「帰郷」トマス・ハーディ | main | 「殉死」司馬遼太郎 >>
「晩年」太宰治
0
    「晩年」太宰治著、新潮文庫1947年発行、1936刊行

    太宰治(19091948)青森県金木村生れ、本名、津島修治、東大仏文科中退、酒場の女と鎌倉小動崎で心中を謀り一人助かる、1935年「逆行」1芥川賞次席、1939井伏鱒二の世話で石原美智子と結婚、山崎富栄玉川上水で入水自殺

     

    自殺を前提にして、遺書のつもりで小説をかきはじめた

    自分はプロレタリアではなく、農民を搾取する大地主の子であり、「滅びる人間」「滅民の民」である・・・・・・滅びることによってのみこの世の中に役に立つことができるのだ

    「葉」

    小説を、くだらないとは思わぬ。おれには、ただ少しまだるっこいだけである。たった一行の真実を言いたいばかりに百頁の雰囲気をこしらえている

    ほんとうに、言葉は短いほどよい。それだけで、信じさせることができるならば

    「思い出」

    化学には方程式があり幾何には定理があって、それを解する完全な鍵が与えられているが、文学にはそれがないのです、許された年齢、環境に達しなければ文学を正当に掴むことが不可能と存じます

    | 太宰治 | 14:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。