SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--

コグレブログ

小暮工業株式会社によるブログです。
<< 「津軽」太宰治 | main | 「晩年」太宰治 >>
「帰郷」トマス・ハーディ
0

    「帰郷(THE RETURN OF THE NATIVE)
    トマス・ハーディ(THOMAS HARDY)著、

    小林精一(帝塚山学院大名誉教授)
    浅野萬理子
    (甲南女子大非常勤講師)訳、

    1991年発行、発行所蠕蘊

     

    ハーディーの小説の分類は、

    (A)性格と環境の小説

    (B)ロマンスと幻想の小説

    (C)創意に富む小説

    「帰郷」は、ギリシャ悲劇をお手本として書いたもの

    (1)   筋は一つで、不幸で一貫させ幸福を入れたならぬ

    (2)   場所は1日以内で移動できる範囲内

    (3)   時間は1日以内の出来事

    「帰郷」は1842115日〜1843116日まで「1年と1日」の出来事としている

    「人生は耐えしのぶべきもの」という人生観を打ち出し、それに基づく主観で貫かれた

     

    他の人には大切で、僕にはそうじゃないものが沢山ある・・・・僕の身体はあまり手がかかりません。
    僕は美食を楽しむことなんてできないし、上等な物も僕には無駄になります。・・・・そうした物にかかる金を他の人のために使っていいわけです

    手に入れにくいものに焦がれ、差し出されたものにうんざりする、遠くのものを求め、近くのものを嫌う。・・・・・・感情的な男の真の特徴である

    ・・・・・「親は子が犯す人殺しの原因だ」というようなものですよ、・・・・・でも僕は、生きていく恐ろしさに慣れてきている。
    人間は長い間、不幸とつき合っていると、その不幸を笑うようになるそうだ。・・・・・希望がないだけだ。
    そして僕が何より残念なのは、僕が犯したことに対して、人も法律も僕を罰することができないってことなんだ!
    ()

    | トマス・ハーディ | 13:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。