SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

コグレブログ

小暮工業株式会社によるブログです。
<< 「誰がために鐘は鳴る」アーネスト・ヘミングウェイ | main | 「100円のコーラを1,000円で売る方法」永井 孝尚著 >>
「海辺のカフカ」村上春樹
0

    「海辺のカフカ 上、下」
    村上春樹著、
    2005年発行、新潮文庫

     

    自由なるものの象徴を手にしていることは、自由そのものを手にしているよりも幸福なことかもしれない

    あの頃は何も考えなくてよかった、と彼は思った。
    ただそのまんま生きていればよかったんだ。
    生きている限り、俺はなにものかだった。
    自然にそうなっていたんだ。
    でもいつのまにかそうではなくなってしまった。
    生きることによって、俺はなにものでもなくなってしまった。

     

    僕らの人生にはもう後戻りができないというポイントがある。
    それからケースとしてはずっと少ないけれど、もうこれから先に進めないというポイントがある。
    そういうポイントが来たら、良いことであれ悪いことであれ、僕らはただ黙ってそれを受け入れるかしかない。
    僕らはそんなふうに生きているんだ
    ()

    | 村上春樹 | 11:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。