SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--

コグレブログ

小暮工業株式会社によるブログです。
「市場には心がない 成長なくて改革をこそ」都留重人
0
    「市場には心がない 成長なくて改革をこそ」
    都留重人、岩波書店、
    2006年発行

    都留重人(1912年東京生れ〜2006)

    ハーヴァード大経済学部卒、48年、東京商科大教授、72年、一橋大学長、明治学院大教授、一橋大名誉教授


    社会保障にかんして第一に提起される原則的な問題は、それが権利なのか恩恵なのかという点である。権利だとすれば、国民は保障せよと主張できるわけだが、恩恵だとすれば、それはいただくものということになる。

     

    アメリカについて、「奇跡的にも野蛮から退廃へ直行した歴史上唯一の国だ。普通は通過する文明という時期を通らないで」と皮肉ったのは、フランスのかつての宰相クレマンソー(1841〜1929)・・・・・少なくとも理想の上では、アメリカは「自由の祖国」であったし、また「思想の自由」についての伝統も、・・・・・・「われわれと同じ意見を持っているもののための思想の自由ではなしに、われわれの憎む思想のためにも自由を与えることが大事である」

     

    日本は優秀な官僚組織をもっているが、国策における重要な調整でイニシャチブをとる政府“を持ってないみたいだ

     

    ラスキンにおいても、「労働」は明らかに「費用」であるのだが、それとは逆に、「仕事」は「人間の最も美しい行動、人間的知性の最高の成果、労苦とは逆のrecreativeな活動」にほかならぬとしたのである。これがすなわち「労働の人間化」という考えかたにほかならない。ラスキンのこの「労働の人間化」という考え方に呼応したのが、彼の盟友ウィリアム・モリスの唱えた「生活の芸術化」という発想であって、モリスの哲学は、「真の芸術は労働における喜びを人が表現するところのもの」であり、生活の過程で「すべての人が潜在的にもつ生きていることの喜びを自発的に表現することで芸術の真正の新しい誕生がある」としたのであった。

     

    エズラ・J・ミシャン

    「経済学の神話性」「より多いことは、より悪いことだ」

    労働人口の大半が自らを中流階級とみなしているような比較的ゆたかな社会においては、「市民の福祉は、なかんずく他人との相対関係における市場財に対する彼の支配力に依存する」

     

    アダム・スミスThe Wealth of Nations

    valueという言葉には二つの意味があると言い、一つは”value in use(使用価値)で、いま一つは“value in exchange”「交換価値」として、例をあげるなら、水は人間生活にとり不可欠なほど使用価値が高いが、交換価値のほうはゼロに近いのに対し、ダイアモンドとなると、使用価値はきわめて限られているのに、交換価値は絶大である、・・・・・

    | 都留重人 | 12:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |