SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

コグレブログ

小暮工業株式会社によるブログです。
「老人と海」アーネスト・ヘミングウェイ
0
    「老人と海」
    アーネスト・ヘミングウェイ
    (18991961)著、

    福田恆在訳、新潮文庫、1966年発行

    福田恆在(1912東京生れ〜1994)、東大英文科卒、評論・翻訳・劇作・演出、芸術院会員

     ベルナール・ファイは「アメリカ文明論」のうち
    ・・・・・アメリカは、たんに空間があるだけだ。
    ヨーロッパの諸国には時間のうえに築かれている。
    ・・・・・国民たらしめた力は、かれらの過去ではなく、それはかれらの未来である。
    ・・・・・ヨーロッパは・・・・・・文明の成功そのもののために窒息しそうに感じていた。・・・・・そしてアメリカを発見したのである。


    われわれが往々にして個性と考えがちなものは、・・・・・特殊な過去の環境によってつくりあげられたものなのであります。
    ・・・・・ある特殊な過去の経験を背負っているひとりの個性が、べつの経歴を背負っている人物や環境と出あって
    生きにくさを感じながら、悩むことによって、ますます自己の特殊性を、いわば個性を発揮するのがおもしろいというわけであります。


    アメリカ人の脳裏には、・・・・現実にたいする大きな信頼があります。
    ・・・・・・憂うべき事態が起こったとしても、長いあいだに養われた広大な空間への脱出の希望が、けっしてかれらを絶望させない。
    あらゆる社会問題は・・・・・解決可能なものとしてのみ存在するのです。
    それに反して、
    ヨーロッパでは、社会はつねに個人の意思を阻害するものとしてとらえられる。
    社会問題はむしろ解決不可能なものであって、ひとはそれにぶつかると、・・・・・・個性と時間のなかに逃避せざるをえないのです。


    問題はあるが、人間はいない。
    社会は存在するが、個人は存在しない。
    ・・・・おなじアメリカという国に棲む人間どうしの関係にすぎず、そこにはすこしも個人的な悩みはない

    人間と人間との結合のしかたについても、また空間の原理がはたらいているわけです。
    ・・・・・・深い歴史的背景をになっていないとすれば、結びつくのもかんたんでしょうが、離れるのもぞうさない

    自己の苦痛や情念にたいして、しいて他人事のような無関心をよそおうことであります。

    ・・・善も悪もない、
    要するに人生は強いもの勝ち、負けることが最大の悪徳だ、
    ・・・・勝ち抜き、生きぬくこと、これがヘミングウェイの登場人物の唯一の掟であるかのようにみえる。

     

    だれか話し相手がいるというのはどんなに楽しことかが、はじめてわかった。
    自分自身や海に向かっておしゃべりするよりはずっといい。
    ()

    | ヘミングウェイ | 17:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    「誰がために鐘は鳴る」アーネスト・ヘミングウェイ
    0

      「誰がために鐘は鳴る」
      アーネスト・ヘミングウェイ
      (18991961)著、

      大久保康雄(1905茨城生れ〜1987)訳、
      新潮文庫、
      1973年発行


      すべて
      優秀なやつは陽気だ。
      陽気なほうが、ずっといいし、それに、何か頼もしいところがあるように思わせる。


      愛するということは、
      これは、
      たいていの人間にはめぐまれない幸運なんだぞ。
      ・・・・それが、わずか今日一日と明日の一部としか
      つづかないものであろうと、
      ながい一生のあいだつづくものであろうと、
      それは
      人間の身の上に起こりうるもっとも重要な出来事であることに変わりはない。
      ()

      | ヘミングウェイ | 17:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      「武器よさらば」アーネスト・ヘミングウェ
      0
        「武器よさらば(上) (下)」
        アーネスト・ヘミングウェ著、金原瑞人訳、光文社文庫、
        アーネスト・ヘミングウェ(1899〜1961)
        第1次世界大戦に赤十字の一員として従軍し負傷する
        特派員として、渡欧、
        スペイン内乱第二次世界大戦にも従軍記者として関わる
        (武器よさらば)(誰がために鐘は鳴る)を書く
        (老人と海)でピューリッツアー賞、1954年ノーベル文学賞、
        散弾銃で自殺
        金原瑞人(1954年〜)法政大学社会学部教授

        第一次世界大戦の北イタリア戦線。
        負傷兵運搬の任務に志願したアメリカ人の中尉が、
        野戦病院勤務のイギリス人の看護婦と知合う
        負傷して再会、看護を受ける

        だれかを心から好きになるとき、
        人は相手のために何かをしてあげたくなるものです。
        自ら犠牲になりたいと思うものです。
        つかえたいと思うのです。

        じつはおれたちはすでに負けたも同然なんだが、
        それに気づいていないうちはまだいい。
        もうしっかり負けてるんだけどね。
        問題はそれを認めようとしないことかな。
        それを最後まで認めない国が勝利をおさめる。

        いけないことって、とても楽しいんでしょうね、
        それを求めている人って、きっと趣味がいいんだと思う。

        傷が治り、前線に戻るが、イタリア軍は撤退する
        撤退途中で戦線を離脱してしまい、看護婦のもとへいく
        結婚を誓い、二人でスイスへ逃亡して、ホテル住まいを暫くする
        妊娠していた看護婦は死産のうえ、産後に亡くなる

        いままでに一度も神聖なものなんか見たこともないし、
        栄光あるといわれているものはちっとも栄光などなかったし、
        犠牲なんて、論じるほどの価値もなかった。
        そんなきくにたえない言葉ばかりが増えていき、
        きいていられるものは地名くらいということになってしまう。
        あとは数字とか、日付とか、地名といっしょになった数字や
        日付くらいしか、口にして意味のあるものはなくなってしまう。
        栄光とか名誉とか、勇気とか神々しいとか、
        そういう抽象的な言葉は卑猥だ。
        それは、村の名前とか道路の番号とか、川の名前とか、
        部隊の番号とか日付といった
        具体的な言葉の横に置いてみればすぐにわかる。
        | ヘミングウェイ | 10:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        「日はまた昇る」アーネスト・ヘミングウェイ
        0
          「日はまた昇る」アーネスト・ヘミングウェイ著、1926年刊行
          高見浩(東京生れ)訳、新潮文庫、2000年発行
          アーネスト・ヘミングウェイ(1899〜1961シカゴ近郊生れ)
          1918年第1次大戦に赤十字要員として従軍負傷
          21年〜28年パリに住む
          第2次大戦に従軍記者として参加
          52年ピューリッツア賞受賞、
          54年ノーベル文学賞受賞、61年猟銃で自裁

          ぼくはすこしお金を使い、ウェイターはぼくを好きになってくれた。
          ぼくの価値ある人間的資質を、彼は気に入ってくれたわけである。
          ぼくがまたここを訪れれば、彼は喜ぶだろう。
          もしだれかに自分を好きになってほしかったら、
          お金をすこし使えばいいのだ。
          恋人を旅出たせて、ある男と馴染ませる。
          次いで別の男に彼女を紹介し、そいつと駆け落ちさせる。
          そのあげくに、彼女をつれもどしにいく。
          そして電報の署名には、“愛している”と書き添える。
          そう、これでいいのだ。

          「あなたたちはみんな、自堕落な世代なのよね」
          ガートルード・スタインの言葉
          “a lost generation”は、とりあえず“失われた世代”を意味する。
          “まったく、おまえたち、いまどきの若い者は、
          何をやらせてもだめな、だらしないやつらだな”
          第一次世界大戦に参加した世代だったのである。
          “自堕落な世代”という意味で使った。
          よし、じゃあいずれ、
          その“自堕落な世代”とやらの真面目を彼女に見せてやろうじゃないか
          “あてもなくさまよう迷子の世代”
           第一次世界大戦後に世に出たアメリカの作家を一括する
          便利な文学的キャッチフレーズとして定着していった
          モンパルナスパンプローナは、
          いずれ巡礼すべき新たな聖地になろうとしていた
          (
          | ヘミングウェイ | 16:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |